So-net無料ブログ作成
ホワイピュア
前の10件 | -

顔のシミで十代は? [顔 シミ 消す方法]


顔のシミを消す方法で十代はどうすればいいでしょうか。

実は洗顔の方法などを気をつけてお肌の周期を改善してあげれば若いうちは結構すぐに治ります。

ですが、問題はシミができないようにすることです。

原因を知って改善しないとシミが治ってもまた同じように出来てしまいます。



十代の子が気をつけるべきポイントは以下の通りです。

・日焼け止めを塗る
・濃いメイクをし過ぎない
・睡眠をしっかりとる
・栄養のバランスを気をつける(ファーストフードなどを避ける)

DB88_junkume-15135545_TP_V4.jpg

これらあたりまえのことをちゃんとやっているのかが十代のシミケアでは重要になります。

一つ一つクリアしていけばちゃんと綺麗なお肌に戻るので、やってみてください。


タグ: シミ 十代
nice!(0)  コメント(0) 

顔シミで生まれつきの対策 [顔 シミ 消す方法]

生まれつきある顔のシミの消し方について調べてみました。

女の子の方がこの生まれつきのシミがある場合が多く、また小さい頃に治療をしても思春期の頃に再び出てきてしまう可能性が高いそうです。

biyou_shimi.png

今のところはレーザーや塗り薬などの治療でしかこの生まれつきのシミは消せないのですが、美容技術が毎年飛躍的に進んでいるので、近年簡単に治療ができる方法が開発されるかもしれません。


大人になればレーザーなどで消すことが可能ですが、それまでは毎日の洗顔に気をつけるようにして、これ以上悪化させないという意識が大事になります。


その方法とは泡洗顔で、できるだけ顔に手を触れさせないで、泡だけで顔全体を包み込むようにして洗います。


パーフェクトホイップなどの洗顔料を使うと泡立ちやすいのでおすすめですが、とにかく手の平でぬるま湯と混ぜて泡をこれでもかというぐらいに立てます。

それで顔全体を包み込んでいって、泡で顔の汚れを浮かせて落としていきます。


手で肌を直接こすると肌にとってそれは刺激になり、シミが濃くなることがあるのでそれを避けます。

また毎日の日焼け止めも大切になりますが、とにかくお肌への刺激をどれだけ減らすかというのがポイントです。


大人になればレーザー治療なども可能ですが、まだ学生の内などはとにかく顔への刺激を避けて毎日を生活するようにしてくださいね。
nice!(0)  コメント(0) 

顔シミのある中学生へ [顔 シミ 消す]

tsuugaku_girls_sailor.png
顔シミで中学生が悩むこともあります。

でも中学生となるとまだ自由に使えるお金も限られているのでできることが少ないですよね。



どういう方法がオススメなのでしょうか。

いくつか大事なケアの方法を書いてみます。

①日焼け止め
日焼け止めは毎日塗っていますか?中学生の女の子でも、日焼け止めは塗っておくと数週間後のシミが防げるので良いです。

おすすめは「ニベアさんプロテクター」の35++のやつです。

登下校時の日焼け止めでしたらこのぐらいで十分です。


外で部活動をしている場合は何度か塗り直して使ってくださいね。


②睡眠時間

睡眠時間はお肌のシミを消すのにはとても大事です。

睡眠時間もそうですが、不快睡眠が大事なので、寝る前に食べ物を食べたり、スマホを触るのは止めましょう。

特にスマホの光で脳が覚醒して眠れなくなるので、スマホは寝る一時間前までにしたいですね。

③ビタミンC

ビタミンCはシミ改善には必須です。

キウイやグレープフルーツなどを食べて体内からシミを消すようにしましょう。



この3点は中学生でも実行できるものばかりですね。

日焼け止めの購入や果物についてはお母さんに相談してみてくださいね♪
タグ: 中学生 シミ

顔シミの落とし方!この2つは基本中の基本? [顔 シミ 消す方法]


最低限この2つは。



顔のシミが気になりだしたのは30代になったぐらいからだった。


紫外線対策しているのに、顔にシミができやすくなり、またシミが消えにくくなったのだ。


その後、顔のシミの落とし方を必死で調べたところある2つの落とし方が分かった。



一つはビタミンCを摂るということ


毎日の食事にできるだけビタミンCを取り入れるようにすると、メラニンの生成を抑制してくれることからお肌にシミができにくくなるのだ。

レモン汁を常備しておくと魚料理や揚げ物などの肉料理にも頻繁に使えるのでおすすめだ。



またもう一つは、日焼け止めだ

20代のころも日焼け止めは使っていたのだが、お肌へのダメージが少ないSPF15ぐらいのを使っていたが、正直春から秋にかけての強い日差しはSPF15では防ぎきれていないそうだ。


そのため、SPF35ぐらいの日焼け止めを使うようになったが、これもかなり日焼けのダメージを抑えてメラニンができにくくなることに貢献してくれた。



この2点を守るだけでもかなりメラニンの発生を抑えることができるのでやってみることをおすすめする。

2017/7/2追記
日焼け止めについてだが、SPF35レベルのものを使うのであれば、必ずクレンジングが必要になってくる。

クレンジングをしないと毛穴が詰まって、今度は毛穴が開くようになってくるので注意が必要だ。

おすすめのクレンジングはDOVEの水クレンジングで、お肌を保湿しつつ低刺激だけど、ちゃんとメイクも落としてくれるのだ。





顔 シミ 洗顔 [顔 シミ 消す方法]



メイクを完全に落とす。



顔のシミの大きな原因の一つとなるのが、顔のメイク残りだと言われている。


私も20代のころは適当に洗顔をしていて、明らかにメイクが顔の皮膚に残っていた。


そして、30代に入って積み重ねた借金が一気に表面化し、私のお肌は一気にシミができた。




シミ予防を目的とするのであれば、化粧は優しい低刺激のクレンジングを使って落とすのではなく、オイルクレンジングでがっつりと落としたほうがいい。


でも残念ながらお肌へのダメージも同時に大きいが、シミを作らないことが一番であればそれもまたよし。




でも、できればおすすめはオイルクレンジングでなくてもミルクやクリームタイプのクレンジングでも簡単に落とせるぐらいの薄いメイクを普段はするようにしたい。

そして時々濃いメイクにしたときはオイルタイプのクレンジングでしっかりと落とすようにする。


こうやって緩急をつけることでお肌へメイクが残るのを防いでいく。
タグ: 洗顔 シミ

20代 顔 シミだらけ [顔 シミ 頬]


20代なのにもう顔中シミだらけ?!


20代だったのに私は顔中シミだらけだった。

その時初めて自分の10代を後悔して、同時に未来の自分のために努力を始めた。



10代だったころ、私は紫外線なんか気にしなかった。

色白でおまけに敏感肌だったくせに部活などでも日焼け止めなんて塗らないでがっつりと陸上部をエンジョイしてしまったのだ。


この20代にできたシミは恐らく10代のころの私の行動のツケだろう。

一気に顔中にシミができて、一時期パニックになった。


でもそこから初めて美白化粧品なるものがあることを知って、すでにできてしまったシミを消せるように毎日お肌に気を使った。

その時使っていたのが「ディセンシア サエル」という美白化粧品だった。

使ってみると、最初の内はまるで効果なかったけど一ヶ月もするとかなりシミが薄くなってきていて驚いた。

ここまで効果があるんだぁっと美白化粧品という製品があって心から感謝した。


その後は日焼け止めを雨や曇りの日でも塗るようになり、相当気をつけている。

20代で10代の頃を後悔したから今の30代の私がいると思う。

顔 シミ 増える [顔 シミ 頬]



シミが増える意外な原因?!


年齢とともに増えていくものだと思っていた。

30代中ごろになったぐらいから急に顔のシミが目立つようになった。

急に増えたので焦ってレーザーで慌てて除去したけど、その後もまた増えていく。



でもよくよく自分の生活をもう一度見直してみるとあることに気が付いた。

そういえば・・・30代中ごろから化粧品を変えていた。

アラフォーになると益々顔が乾燥気味になるのでその対策のためにだ。



試しに化粧品を他のものにしてみると・・・シミが増えないのだ。

ネットで調べてみると、肌に合わない化粧品をつけると炎症が発生してその状態で日光を浴びるとシミになってしまうそうだ。


あのシミ急増事件の犯人が化粧品だったのかは分からない。

とにかくシミが増えなくなって良かった。
タグ: 増える シミ

顔 シミが消えた 理由 [顔 シミが消えた]


消えるものと消えないものがあります。


顔のシミが消えたのには理由があるんです。

それはそのシミができてどのぐらいかによるんです。


もしも今気になっているシミがまだ一年以内にできたもので色も薄く輪郭がぼやけているものであれば、クリームなどでも消すことが可能なんです。


でももしもすでに二年以上などの長い間あるシミや、色がはっきりとしていてくっきりと形が見える場合がクリームでは難しいです。

ここまでくると皮膚科でレーザーの手術などを受けないと取るのはかなり困難なので、今ご自身で気になっているシミがどの段階のものかで治療方針を変えるようにしましょう。
タグ: シミ 消えた

顔 シミ 消す クリーム [顔 シミ クリーム]

顔のシミを消すクリームとして含まれているべき成分はハイドロキシンという成分になりますが、この成分はなんとあの美容の大敵であるメラニンが発生するのを防いでくれるんです。

当然、シミを白くしてくれる効果もあるのでクリームには必ずこの成分が含まれていないと意味がない訳ですね。

でも、市販のを探してみてもアメリカ製のものが結構横行していますが、これは日本よりもいち早くアメリカではハイドロキシンの使用が認められたため、市場に出回っているそうです。

ですが個人的にはアメリカ製ではなくで日本製のクリームを買う方が安心なんじゃないかなって思います。ドクターシーラボとかけっこう種類も増えてきているので、そういうのを選べばわざわざアメリカ製のをえらばなくて済みますからね。

顔 シミ 内臓 [顔 シミ 内臓]

顔のシミの原因として内臓、特に肝臓の機能低下が要因とされているのはまだ最近のことです。

肝臓に良い食べ物として注目されているのがレバーや納豆などの大豆製品です。

これらを日常の食事に取り入れることで肝臓の機能が向上し、顔のシミの原因となる成分を輩出しなくなるらしいのです。

プチ断食などと併用して、内臓を休ませつつも優しい食べ物を食べるという新しい美容法が最近は広がってきていますね。

タグ: シミ 内臓
前の10件 | -